2016.03.30

羽生結弦、世界選手権へ。前日練習での乱れは「吉兆」の表れ

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

 その中で、サルコウの方が安定してきたというのもあったし、今、曲の音を意識してプログラムの完成度を意識している中で、後半の曲のリズムがサルコウの方に合っているなという感覚もあったので、後半に入れる4回転はサルコウに変えました」

 こう語るように、今回、羽生はフリーでは最初にサルコウとトーループの4回転を入れ、後半は4回転サルコウに3回転か2回転のトーループを付けた連続ジャンプとする構成に変更した。これにより基礎得点も少し高くなる。すべては技術的に少しでも進化したいという思いからだ。

 それとともに、一方では演技としての完成度を上げたいという欲求も強い。ジャンプだけではなく、他の要素や表現力の向上も意識している。

「今シーズン、あれだけの点数を出してNHK杯やGPファイナルでは満足して帰ったあとでも、自分で見直してみて完璧といえる演技になっていなかったと思うので……。たぶんその時によって、完璧というのはまったく違うものだと思うけど、今は、今の自分の完璧というものを目指してやっていきたい。その点では2シーズン目になるショートの『バラード第一番』という曲も、フリーの『SEIMEI』という曲も、今の自分が今、滑る、ということだけだと思います」

 300点超えを期待されている現実にも、「そういう環境は自分にとって雑音でも何でもない」と言った。