2015.12.14

「得点だけではない」。
羽生結弦が世界最高のその先に目指すもの

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登直●写真 photo by Noto Sunao

 これまでSP、フリーともに「ノーミスの演技は、地方大会くらいでしかやったことがなかった」という。だが今シーズンはそれを、NHK杯とファイナルという大舞台で続けてできた。そのことに驚くとともに、昨シーズンアクシデント続きで満足に練習できなかったことを思うと、「練習が思うようにできる身体、それに耐えることができる身体であることが幸せだと思う」とも言う。

 驚異的な高得点を出した羽生だが、自分ひとりが飛び出したという意識はない。

「実際、今回のハビエルの演技には驚きましたし、『やばいな』と思いました。別に得点がどうこうじゃないんです。今は得点もすごく注目されて『これが世界最高得点の演技』と、メディアもファンもワーッとなっていて、たしかにそれもうれしいことですけど、自分が目指しているのは、『自分の演技をどれだけ究められるか、ひとつひとつの要素を究めていけるか』ということなんです。点数を見てすごいなという方もたくさんいらっしゃるかもしれないですけど。僕自身は僕の演技が好きだと思ってもらえたらうれしいですし、『すごい』『感動した』『また見たい』と言われるような演技を、ジャンプも含めてこれからできるように練習をしていきたいと思っています」