2015.11.06

中国杯の浅田真央。「女子史上最高難度」のジャンプ構成に自信

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

 今季のSPで最大の注目点は、女子では最高難度となるトリプルアクセルをはじめ、3フリップ+3ループ、3ルッツというジャンプ構成だろう。他の追随を許さない圧倒的なジャンプ構成と言っても過言ではない。それほどのジャンプ構成を当然のごとく、平然とやってのける浅田が、1年間の休養を経て、競技会のリンクに本格的に戻ってくる。

 佐藤信夫コーチも今回のジャンプ構成についてこう話す。

「やっぱり(現役として競技会で)やっていくからには、そういう時代になっているわけですから(最高の難度に)挑戦するしかないと思います」

 元世界女王であり、すでに世界の女子フィギュア界の一時代を築いた浅田がここまでレベルを上げて挑戦するには、いくつかの理由がある。ひとつは、浅田真央という希代のスケーターが人一倍負けず嫌いで、挑戦心が旺盛だということ。そして、昨季台頭した10代のロシア勢や日本女子の若手の活躍がおおいに刺激になっていることだ。

「今まで3ルッツを修正してきてそれが固まってきたなというのと、3フリップ+3ループも安定してきて、トリプルアクセルもいい感じで入ってきている(跳べるようになってきた)。バンクーバー五輪後にジャンプの修正を一から取り組み、今まで積み重ねてやってきた集大成がこのSPのジャンプ構成だと思うので、ようやく自分が目指してきた目標のレベルまで来たと思います。いまは他の選手との対戦というよりは、自分の目指すレベルや今回新たに挑戦するレベルを達成したい思いが強いです。