2015.11.02

フリーで挽回も2位。羽生結弦が自己分析した次戦への課題

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

 間合いを取ってスピンとステップを飛ばしたあとの4回転も3回転になってしまったが、トリプルアクセルからの連続ジャンプは2回とも決めた。ただ、その滑りからは気持ちが入り切っていない様子がうかがえた。

 その後も、4回転トーループは、3回転トーループをつける連続ジャンプを含めて2回決めたが、4回転サルコウは4回挑戦して最後に1回決まっただけだった。その間も何かを考えながらゆっくりと滑っていることが多く、気迫が伝わってこない印象の練習になった。

「演技が始まる前はすごく緊張していました。朝の練習もそうでしたけど、(4回転)サルコウを6分間練習で跳べないのは本当に久しぶりだったので......。オータムクラシックではよかったですし、ここへ来てからもそんなに悪くなかったですが、今朝から悪くなったので、『どうしよう』と思いました。それでソチのシーズンの世界選手権のときのように、『気合いで降りるしかない』と思ってやったら、何とかできました」

 こう話したように、羽生は慎重に滑り出した本番で最初の4回転サルコウを成功させると、続く4回転トーループも1・43点の加点をもらう出来できれいに決めた。