2015.11.01

まさかのパンク。羽生結弦が分析した予想外のミスの原因

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

 最終滑走者として登場した羽生は、前日の公式練習後「今年は順調にシーズンを迎えられています。これで事故さえなければ……。自虐ですけど」と言って笑いながら、「前回の初戦(オータムクラシック)のような『後半は(4回転ジャンプを)やらなきゃ』という気負いは全然ないので、しっかり集中して、自分の気持ちを自分のなかにしっかり閉じ込めてというか、自分の許容範囲に収めてやっていければと思います」と冷静に話していた。

トップとの差は約7点。フリーでの逆転に注目が集まる その口調と同じように冷静な滑りで冒頭のトリプルアクセルをきれいに決めると、その後の2種類のスピンもスピードのある滑りでこなしてレベル4をもらう出来。ダントツの差でトップに立つかと思われた。

 だが、後半に入るとまさかのミスが続いた。まず、直前の6分間練習では完璧に決めていた4回転トーループがパンクして2回転に。さらに、前日の公式練習から一度も失敗していなかった3回転ルッツは、体が前につんのめるような着氷になってしまい、何とか2回転トーループを付けるだけの連続ジャンプにとどまった。

 このふたつのミスが致命的だった。2回転トーループは、「単発ジャンプは3回転以上」というルールに抵触して0点に。そしてルッツのあとに付けた2回転トーループは、「連続ジャンプでは単発ジャンプで使用した種類のジャンプは使えない」というルールに抵触してこちらも0点になってしまった。