2015.04.20

羽生結弦、苦難の今シーズン総括。
「自分のせいだと思っています」

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

「4回転トーループが3回転になってしまったため、そのあとの連続ジャンプのセカンドを(3回転トーループから)2回転にしなければいけなくなって、GOE(出来ばえ点)も含めて8、9点は失ったと思います。(4回転トーループを成功して、その後のセカンドジャンプを3回転にできていたら)200点を超えていただろうなと思う」と苦笑する。

 同時に、4回転サルコウを試合で決められたことが、大きな収穫だったと語る。

「もしサルコウを失敗してトーループを降りていたのであれば、たぶん嬉しさ半分、悔しさ半分ではなく、悔しさの方が多かったでしょうね。でも、サルコウを決めることができたので、達成感はあります」

 それでも、技術面での不満は残っているはずだ。今シーズンを戦うにあたり、SPとフリーの両方で後半に4回転ジャンプを入れる難度の高いプログラムを組み、シーズン前の練習で手ごたえをつかんだものの、試合では実践できなかったからだ。

 ソチ五輪シーズンが終わった直後、「五輪の優勝も世界選手権の優勝も、すでに過去のこと。次に待っているのはこれまでとは違う、新しい大会でしかない」と話していたように、新たなものを取り入れて、進化していかなければいけないという覚悟が、羽生にはある。だからこそ、シーズン最後の今大会終了後、「来季は今季の理想としていた構成と同じように組んでいきたい」と、高難度のプログラムに挑むことを宣言した。