2015.01.17

一夜限定の競技復帰で安藤美姫が得た新たなモチベーション

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

「日本ではアイスショーが多いので、現役時代からエンターテイナーとしていろんなことに挑戦する経験はしてきています。ショーでの滑りは表現者としてメッセージを伝えることが大きな目的ですし、プロは失敗なくこなすのが義務だと思っています。今回はショー的な要素がありながらも、試合という気持ちの方が大きかった。だから、ジャンプの難度を落として簡単にするのではなく、(難しい)3回転ルッツを入れて挑戦する姿を観客のみなさんに見せたかった。この大会を経験させていただいて、これからはショーでもルッツを入れていきたいと思いましたし、プロとしてさらに技術を上げていこうという気持ちになりました」

 安藤にとって今回の大会は、今後アイスショーで難度の高いジャンプを加えていくモチベーションになったようだ。

 試合という場だからこそ表に出てくる、彼らの競技者としての向上心。それが、今後彼らが出演するアイスショーの質をさらに上げていくことになり、その流れがフィギュアスケート界全体のレベルアップにつながっていくはずだ。

 プロスケーターたちの一夜限りの競演は、彼らのアスリートとしての本能を目覚めさせるとともに、フィギュアスケートの魅力を十分に伝えてくれるものだった。

安藤美姫写真集 『My Way』 好評発売中!

詳しくはこちら>>

関連記事