2012.12.24

浅田真央、村上佳菜子…それぞれの次のステップ

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha
  • 岸本勉●撮影 photo by Kishimoto Tsutomu

 一方、静かな闘志を秘めて初優勝を狙った鈴木だったが、フリーは不安を抱えていたジャンプの失敗が響いて5位と振るわなかった。ソチ五輪を目指すかどうか決めないまま臨んだプレシーズンの今季は、その気持ちの揺れが前半戦にそのまま出てしまったのかもしれない。調子の波が激しかったという。

 SPでは今季目指していたジャンプ構成から難度を落とした3回転トーループ+3回転トーループの連続ジャンプが入らず、フリーでは3回転フリップが1回転になり、2つのジャンプで回転不足を取られた。

「今回は表彰台に上がらなくて逆に良かったかな。この悔しい思いを力に変えていきたい。練習で自信をつけるまでできなかったことがそのまま試合に出てしまった。今季は昨季と違って最初からなかなか上手くいかず、良くなかったことで戸惑いがずっとあった。今までの練習を見ると、調整不足と言われても仕方がない。でも、自分はまだまだやれると思うので、練習から積み重ねてこの経験を生かしたい」

 世界代表決定後の記者会見に臨んだ鈴木は、ソチ五輪を目指して来季まで現役を続けることを初めて明言した。これでシーズン後半戦は、大きな目標に向かって気持ちを高めていけそうだ。

「ファイナルのエキシビションが終わった後、来季もスケートを続けてソチ五輪を目指すことを決めた。(世界選手権では)自分で五輪出場枠を取り、自分が五輪に行けるように頑張りたい」と決意を新たに宣言した。