2021.12.09

「どの格闘技が一番強いのか」朝倉未来が視聴者と進化させる格闘エンタメ。スター候補の注目選手や今後のビジョンは?

  • 篠崎貴浩●取材・文 text by Shinozaki Takahiro

元西武の投手、相内誠は右ストレートKO勝利を収めた(C)AbemaTV, Inc.(C)BreakingDown元西武の投手、相内誠は右ストレートKO勝利を収めた(C)AbemaTV, Inc.(C)BreakingDown この記事に関連する写真を見る ――次回以降の構想についても聞かせていただけますか?

「ここまでは2カ月おきに大会を開催しているので、対戦カードの質という点では微妙になってきている部分もあります。少し期間を空けて、豪華な対戦カードを組んでみようかなと思っています」

――今大会は知名度や話題性を排除し、ゼロからスター選手を発掘することに重点を置いたとのことですが、「豪華なカード」とはどういった組み合わせになりそうでしょうか。

「過去に面白い試合をした選手や、別の競技で成功している選手などを組み合わせてみようかと考えています。あと、演出も含めた"豪華さ"がある大会もやってみたい。例えば、ケージの周りをパーティー会場のようにしたり、選手を金網で囲むのではなくて壁が少しあるだけのリングにしてみたり。視聴者により楽しんでもらえるように、背景をCGにするといったことも面白いんじゃないかと思います」

――なるほど、かなり広い意味で「チャレンジしていく」ということですね。

「今は視聴者の声がダイレクトに聞ける時代なので、身内だけで考えているよりも多角的に物事が見られる。大会の動画の再生回数からしても、何百万人という人たちが見てくれているようですが、そういったファンの意見を聞きながら、よりよいものにしていきたいです」

――大会はとてもテンポがよく、高いテンションを維持しながら次々と試合が進んでいく印象でした。今後、観客を入れて開催する可能性はありますか?

「先ほども言った"豪華なパーティー会場"にするようなイメージはあって、少人数は入れる可能性はありますけど、あまり多くの観客を入れるのは時代に合っていないように感じます。これまではコロナ禍ということもあって無観客でやってきましたが、PPV(ペーパービュー)の手ごたえもありますから」

――次回、第4回大会は年明けになりますが、そこでやりたいことは?

「いろんな階級のトーナメントはやってみたいですね。これから、大会と共に選手も魅力を増していくと思うので、殴り合いに自信のある方にはぜひ参加してもらいたいです」

(後編:格闘技は「悪影響があるのに、大好きな彼女みたい」>>)

◆朝倉未来選手がアドバイザーを務める、1分間最強を決める総合格闘技大会
『BreakingDown』
公式Twitter>>

朝倉選手の解説や過去大会のハイライトなどが見られる公式YouTubeチャンネル>>

朝倉未来選手の公式YouTubeチャンネル>>

関連記事