2020.03.03

井上尚弥に「つけ入る隙」。カシメロの
プロモーターが後半勝負を予想

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke

――トップランクが主催する4月の試合では、井上選手が主役で、カシメロ選手はいわゆる"Bサイド"になります。勝つためには、KOを狙いにいく必要があると思いますか?

「まず言っておきたいのは、カシメロはキャリアを通じて"Bサイド"で戦い続けてきた選手だということ(笑)。そういう状況は、彼にとってまったく目新しいものではありません。イギリス、タイ、コロンビア、アルゼンチンでも、彼は常に"Bサイド"でしたからね。

 カシメロはトリッキーなパンチも持っています。KOばかりを狙う必要はありませんが、チャンスが巡ってきた場合、彼がその機会を逃すとは思えません。また、今戦のプロモーションは完全に井上が中心になっており、存在が見過ごされていることで闘志をかきたてられているはずです。もちろんこの状況は井上が勝ち取ったものだと理解していますが、カシメロは"番狂わせ"を起こすことに意欲満々です。4月に勝ったあと、日本で再戦をするのも構わないとすら考えています」

――4月の試合に向けて、カシメロ選手の今後のプランを教えてください。

「現在は、フィリピンと気候が似たフロリダ州マイアミでトレーニングを積んでいます。マイアミで5週間のトレーニングを積み、3月17日にラスベガスに移動します。その頃にはベガスも温かくなっているので、そこで井上戦に向けて仕上げていく予定です」