2021.01.02

堀口恭司が勝利を得た重要ポイント。朝倉海は「パニックになっていた」

  • 瀬川泰祐●取材・文 text by Segawa Taisuke

――今回の試合に向けても、気負うような様子は見られませんでしたね。

「今回の対戦が決まった時のインタビューでも、『負けてしまったものは仕方ないので、やり返します』と淡々と答えていましたが、これは無理をして言っているわけではなく、自然と出た言葉だと感じました。彼の揺るがないメンタルは、例えば、野球のイチロー選手などのような超一流選手に匹敵するレベルだと思います」

――今回の試合内容についてですが、距離の探り合いの中で、堀口選手はカーフキックを多用しました。この展開は予想していましたか?

「堀口選手は距離を詰めてテイクダウンを奪いにいくのかな、と思っていました。彼の頭の中にはその戦略もあったようですが、カーフ(すね)へのローキックを狙い、じわじわと圧をかけていった。試合後のインタビューで、『リング上で朝倉選手と対峙した時に変えた』と言っていましたが、これはすごいこと。いくつか戦略は用意していたでしょうけど、その場で変更できるのは一流選手の為せる業です。

 心配されたケガの影響もまったく感じなかったですね。カーフキックもしっかり踏み込んでいましたし、フィジカル面の調整も見事としか言いようがありません」

――これまでの試合とは違う戦い方だったのでしょうか?

「まったく違う戦い方でしたね。それまでの堀口選手は、距離を取りながらリング全体を使い、相手の隙を見て一気に踏み込んで力強いパンチを当てにいく戦い方をしていました。しかし今回はカーフキックを使う戦略で、堀口選手陣営は予想以上に手応えを感じながら試合を進められたはず。一方で、朝倉選手にとっては予想外の攻撃だったのでしょうし、パニックになってしまったように見えました」