2019.12.13

46歳・永田克彦が今もマットに上がる理由
「レスリングに現役も引退もない」

  • 永田遼太郎●文 text by Nagata Ryotaro
  • photo by Nagata Ryotaro

 前回の全日本選手権は、周囲の予想をはるかに上回る動きを見せ、レスリング関係者だけでなく、世間をもあっと驚かせた。永田が言う。

「アスリートの生活が単純に好きっていうのはあります。自分を極限まで追い込んで、とことんまで磨き上げる。今は家庭もあって、妻や子供もいる限られた時間の中というのはありますが、(家族の理解と協力もあって)今もこうやって戦うことができる。とても贅沢な挑戦だと感じています」

 現在、永田は東京・調布市にある格闘スポーツジム『レッスルウィン』を主宰している。ジムでは90名ほどの少年少女たちを中心に指導。夕方以降の時間は、30代以降の一般会員者に向けて、日々の体力強化やレスリングの魅力、奥深さも伝えている。そのなかには、40歳を過ぎてからレスリングを始めた者や、70歳を過ぎた今もスパーリングで汗を流す男性もいるという。驚くことに、彼ら一般会員のほとんどがレスリング未経験者である。

「(初心者の方は)マット運動から少しずつやっていく感じです。スパーリングで僕が相手をすることもありますし、一般の方でも研究熱心な方がいまして、大学生の大会など見に来られる方がいらっしゃいます。いくつになっても探求心を持って頑張っているのは、すごいなと思いますし、尊敬します」

 ジムに通う生徒たちに、挑戦を続ける自身の背中を見せて、何かを感じてもらいたいという思いもある。

「レスリングは今回に限らず、体が続く限りチャレンジしていこうと思っています。前回(4年前の全日本選手権)は先のことをまったく考えていなかったんです。とことんやって、自分のパフォーマンスを見せることができればいいと思っていたんですけど、今回はこれで終わりじゃない。これからも試合に出て、伝えていきたい気持ちがあるんです。だから、47歳になる来年も出るかもしれないですし、本当にできる限り、試合に出続けたいと思っているんです」