2019.10.21

井上康生、シドニー五輪金メダル秘話。
母と一緒に立った表彰台

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by PHOTO KISHIMOTO

 自身の得意技である、鋭い切れ味の内股でギルを畳の上にたたきつけたのだ。完璧な勝ち方だった。100kg級の選手の中で、井上のキレのある動きは飛び抜けていた。

「決勝はああいう形で勝とうとしていたわけではないし、泥臭くても何でもいいから勝ちたい、という気持ちでいました。偶然に父に教えてもらった内股で勝ったけれども、内股はきれいに見える技ですからね。

 終わってみれば何とでも言えるけど、大外刈りでも大内刈りでもあんなにきれいな形にはならない。自分が持っている技の中で内股はいちばん華麗で、美を追求する技のひとつじゃないかと思っています。子どもの頃から教え込まれてずっとやってきたからこそ、最後の最後で出たんだと思います。なんというか、まるでドラマやシナリオがちゃんとできていたみたいですね」

 その後の表彰式で、表彰台へ向かった井上のジャージーは、腹部のあたりが膨らんでいた。何かを隠し持っているようだった。真っ先に名前をコールされて表彰台に上がると、井上はそこからおもむろに母の遺影を取り出し、それを高々と掲げた。

「バレバレの入場でしたね。最初は母の遺影を普通に持っていこうとしたけど、スタッフにダメだと言われたんです。母親の遺影だと説明したら、それならかくして持っていけ、と許してくれて、『表彰台に上がってしまったら誰にも止められないから、何をしてもいいよ』と笑顔で言ってくださったんです。でも、あれなら誰でも許してくれると思います。別に見苦しいことをしたわけじゃないし、僕は正しいことをやったと思っています」

 そして、「母には生きていてもらいたかった。表彰台に上がる姿を見てもらいたかったから、すごく複雑な気持ちです」と続けた。その脳裏には、喜んでくれている母親の顔がよぎったのか。喜びに満ち溢れた表情で話しをしていたインタビュー時間中、唯一彼の口調が戸惑いを見せた瞬間だった。

 前年の世界選手権でのことだ。代表には選出されたものの、井上は苦しんでいた。1月の嘉納杯国際柔道と3月のハンガリー国際では共に3位。代表選考の全日本体重別に続いて、全日本選手権でも優勝できなかった。そんなさなかに届いたのが、母の悲報だった。