2019.03.16

ドリームマッチの真実。王者・田中恒成は
なぜ田口良一を指名したのか

  • 水野光博●取材・文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • photo by Kyodo News

 そう考えると、3階級制覇する田中選手は間違いなく強いので、これ以上ない対戦相手です。これは僕のボクシング人生の転機になる試合。このチャンスを掴んで飛躍のきっかけにしたいです」

 紆余曲折を経て、いよいよ両者は拳を交える。

 どんな試合展開で、どんな結果が待ち受けるのか、興味は尽きない。そこで、両選手がこの試合に対してどんな思いを抱いているのか、いくつかの同じ質問を両者に投げかけた。

―― 対戦相手を分析してください。

田中 気持ちが強くてスタミナがあり好戦的。手数を出しながらも後半に勝負をかける印象がありますが、巧みにジャブで距離をコントロールして空間を支配しつつプレッシャーもかけることもできるので戦術の幅が広い。何かひとつの武器で戦うよりも総合力の高い選手だと思います。

田口 頭のいい、クレバーな選手。試合中も対戦相手を観察し、考えながらボクシングをしているのがわかります。スピードがトップクラスに速いだけでなく、パンチも周囲が思っている以上にあり、気持ちも強い。

―― どんな試合展開になると思いますか?

田中 やってみなければわからない部分が大きいです。ただ、打ち合うことになると思います。

田口 打ち合いにはなるでしょうね。少なくとも打ち合う時間帯が長い、盛り上がる試合になると思います。

―― 対戦相手にメッセージを。

田中 全力で倒しにいきます。田口選手のことを好きですし、認めています。認めていると言うと発言として失礼ですけど、どう取りつくろっても、言葉では敬意のようなものは伝えられないので、拳で伝えたい。思いっきり倒しにいくのが、俺にとっての敬意の示し方だと思うので、倒します。

田口 面白い試合をしましょう。自分も、もちろん倒しにいくんで。

―― 試合を楽しみにしているファンへメッセージを。

田中 どういう展開を予想しても、つまらない試合になるとは思えません。間違いなく見ていて面白い試合になると思いますので、楽しみにしていてください。

田口 見てよかったと思える試合を、感動を与えられるような試合をしようと思います。応援よろしくお願いします。