2018.05.15

【国際プロレス伝】巨大勢力に立ち向かった
帝王バーン・ガニアという男

  • 宮崎俊哉●取材・文 text by Miyazaki Toshiya
  • photo by AFLO

「そうした流れで、国際プロレスから僕たちもAWAのスーパースターが集まるエリアへ遠征しました」

 1974年、ガニアはAWA世界タッグチャンピオンのニック・ボックウィンクル&レイ・スティーブンスをともなって2度目の来日を果たすと、自らはAWA世界ヘビー級チャンピオンとして11月20日に東京・蔵前国技館でビル・ロビンソンと対決する。AWAの本拠地ミネアポリス、さらにはシカゴやデンバーなどで行なわれてきた「人気カード」が日本で実現することになった。

 これが後に、「プロレス史上、屈指の名勝負」として語り継がれることになる――。

(つづく)
【連載】アニマル浜口が語る「国際プロレスとはなんだ?」

連載第1回から読む>>>

◆【国際プロレス伝】大巨人アンドレは機内でビール100本を飲み干した>>>

◆右足を切断されながら、相手に殴りかかっていった伝説のレスラー>>>

関連記事