2017.09.17

「ノックアウト勝ち」を狙う
テクニックをK-1王者・武尊が明かす

  • 市來孝人●文 text by Ichiki Takato
  • photo by Akutsu Tomohiro

 また、武尊選手は「この試合、もし判定だったら面白くないな」とか、「KOで倒したら盛り上がるだろうな」などと、自分の試合を客観視しながら戦っているという。そして、積極的にKOを狙いにいくときは、危険な距離に入って戦わなくてはならないのだが、そこでも気持ちの強さが重要になるという。

「危険な距離にいるときはメンタルが強くないと、その位置にいることすら怖くなってしまいます。『この距離にいたら危ないな......』と少しでも思った方が倒されてしまいます。ちょっとの差ですが、体と気持ちが一歩前に出られるかどうかで勝負は決まります。それほどメンタルは大事なんです」

 9月18日の防衛戦でも、「足にダメージを与える」「お腹にダメージを与える」「脳を揺らす」という攻撃を仕掛けるタイミングや、「危険な距離に入る」瞬間に注目してみると、ここまでとは違った角度で武尊選手の戦いの奥深さが見えてくるのではないだろうか。

『ALE14』
[問い合わせ]ale14@tiesbrick.co.jp

■格闘技 記事一覧>>

関連記事