2017.07.09

WWEのスター、ジョン・シナが
「レスラーとしての成功」の秘訣を説く

  • 明知真理子●文 text by Akechi Mariko


――クロックスのキャッチフレーズ「Come As You Are(自分らしく)」はあなたのモットーと一致しますか? また、キャリアと重なる部分はありますか?

ジョン・シナ(以下、シナ) それはまさに、僕が人生を通じて発信してきたメッセージと重なるところなんだ。これまで僕はキャリアの大半で、どんな環境でも、自分に誠実であることを心がけてきた。つまりそれは、周りからのプレッシャーに屈さないこと、また、変わったほうが楽だからって理由で自分を変えたりしなかったってことだ。いま、発信しているメッセージ「Come As You Are」は、個性を隠さず、自分らしさを誇りに思っていいっていう僕の考えを、まさに体現しているね。

――ミリタリーファッションを着用されている姿もよく見ますが、ミリタリーのどんな要素にインスパイアされますか?

シナ 実際のところ、僕は愛国心が強い人間なんだ。だから、それを表しているものが好きなんだよね。さまざまな人種的・文化的・性的背景を持つ人々がひとつになって、それぞれの夢を追う。それがアメリカ合衆国の基盤だし、ミリタリーにはそういう要素があると思うんだよ。

――WWE のグローバル化をどう思いますか? また、日本でイベントがあれば参加したいと思いますか?

シナ 東京で「レッスルマニア」を開催できたらいいよね。このイベントには思い入れがあるし、もちろん自分も参加できたらと思う。そしてもっとイベントを大きくして、さらに大きくなったイベントを海外で展開するのもいいんじゃないかな。

――WWEのレスラーが他と違うのは、どのあたりでしょうか?

シナ どのレスラーも身体能力が非常に高くて才能があるのが、WWEというところなんだ。その中で突出するのは、観客と感情レベルで通じ合うことのできるレスラーだと思うね。

――これまでのキャリアで学んだ、最も大きなことをひとつ教えてください。

シナ 僕が自分らしくいられるのは、失敗を経験しているから。「決して諦めない」という精神を前面に打ち出して生きることは、すべての人が好むものじゃないっていうのはわかってる。でも、これが僕の生き方だし、それに共感してくれる人だってたくさんいる。「Come As You Are」というメッセージは、僕のように人生で失敗して、もがき苦しんだ末に自分らしさを見つけ、受け入れてきた人々から生まれたものなんだ。