2017.06.07

「俺のような柔道家になってほしい」。
小川直也が息子・雄勢に託す夢

  • 柳川悠二●文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Kyodo News

──「かわいそう」ですか。

「そう。だって、彼は親を選べない。柔道をやりたいと思って始めたのに、その時から俺の完成形の柔道を期待されてしまう。二世選手がどのスポーツでも大変なのは、親の現役時代と重ねれることですよ。親のような活躍を発展途上の段階から期待され、将来を託されるわけだからね。

 見る人はどうしても物足りなさを感じてしまうから、二世選手の苦労は普通の選手の倍はある。ただ、その苦労を乗り越え、何かしらの目標を成し遂げたら、反響も倍になって返ってくる。それはメリットでもあるし、『どっちが雄勢にとって幸せなのかな』とは考えますよ」

──今年4月の全日本選手権では、3回戦で90kg級の選手と対戦し、ゴールデンスコアにもつれた末、「指導」の差で敗れました。

「試合を捌く審判も、先入観を捨ててほしいという気持ちはあるね」

──主審も、現役時代の父親の柔道とだぶらせてしまうということですか?

「端から強い柔道のイメージを持っちゃっているわけよ。だから物足りないと、『指導』とジャッジされる。やっぱりかわいそうだな」