2017.03.16

長谷川穂積が選ぶベストバウト。
「日本武道館が水を打ったように…」

  • 水野光博●取材・文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • 大村克巳●撮影 photo by Ohmura Katsumi

―― では、ご自身が思う、長谷川穂積のベストバウトは?

長谷川 モンティエル戦が、そのひとつであることは間違いないです。あれはいい試合でした。僕が負けた瞬間、日本武道館が水を打ったようにシーンとなった。あんなこと、これから先もないんじゃないですか。

 ベストは、ウィラポンとの2試合目です。最後に倒せたということもあるんですけど、僕が持つすべての技術を使った戦い方ができたんで。あの試合で放ったコンビネーションを打てるのは僕しかいないと、今でも思っています。

―― そのころの長谷川穂積と、3階級制覇したころの長谷川穂積、どちらが強いですか?

長谷川 ウィラポンに勝ったころです。余裕で。勢いもあったかなと。ただ、試合をすればどちらが勝つかといえば、話は別というか。加齢とともに身体能力や反射神経が落ちていくのは当たり前で。ただ、ボクシングという競技は年齢とともに変わるというか。近代ボクシングは、フロイド・メイウェザーの出現で少しずつ競技自体が変わっていった気がします。

―― 具体的には、どういうことですか?

長谷川 拳闘からボクシングに変わる、と言うか。若い奴は拳闘なんです。勢いだけで通用しますから。でも、僕ら年長組は、勢いだけの拳闘ではもう身体が持たない。ボクシングをより競技として捉えて、より戦術的に戦う必要はありますよね。技術、経験は高まりますから。