2017.03.16

長谷川穂積が選ぶベストバウト。
「日本武道館が水を打ったように…」

  • 水野光博●取材・文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • 大村克巳●撮影 photo by Ohmura Katsumi

―― チャンピオンになってから1年後、ウィラポンと再戦(2006年3月25日)しています。

長谷川 うわっ、絶対負けるって思いましたね、1回戦って強さを知ってるんで、もう「噛ませ」だとは思えない。しかも、あんな強かったのに、(前回の)1回目は計量を失敗してる。俺を舐めてた部分もあったと思うんです。きっと今度は万全でくる。ヤバッ、思って。

 まあでも、負けたら負けたでしゃあないなと、ずーっと思ってました。試合中も、「負けてもしょうがない」って。最後の最後、9ラウンドに倒す瞬間まで、勝てると思えなかったです。ものすごい追い上げられてたんで。この日も運がよかったんですよ。勝てたのは運です。

―― しかし、あのウィラポンに2度勝った。「俺、すごい!」とはなりませんでしたか?

長谷川 当時は本当に運がよかったくらいしか思ってなかったですね。逆に今なら、「俺、すげーじゃん」ってなってたと思います(笑)。あのときって、自分が何者かまったくわかってないんですよ。まったくわかってないから、ウィラポンに勝っても、ただウィラポンに勝っただけちゃうかなって感覚。ヘナロ・ガルシア(メキシコ/2006年11月13日)、シンピウィ・ベトイェカ(南アフリカ共和国/2007年5月3日)、シモーネ・マルドロット(イタリア/2008年1月10日)にも勝った。でも、防衛を重ねても、ただそいつらに勝っただけやろうなという感覚。自分が強いどころか、世界チャンピオンになった自覚もまったくなかったですね。