2017.03.16

長谷川穂積が選ぶベストバウト。
「日本武道館が水を打ったように…」

  • 水野光博●取材・文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • 大村克巳●撮影 photo by Ohmura Katsumi

―― しかし、当時のチャンピオンのウィラポン・ナコンルアンプロモーション(タイ)は、辰吉丈一郎選手や西岡利晃選手など、名だたる日本人ボクサーを退け続けた絶対王者でした。

長谷川 ですね。相手が世界チャンピオンだと思うと緊張するじゃないですか。だから、「タイの噛ませ」や思って試合をしたんです(笑)。めっちゃ覚えてるんですけど、そう思うと全然怖さもなくて、4ラウンドくらいまで「弱いな」と。でも、5ラウンドからウィラポンが前に出てきて、そっから、ちょっとしんどかったですね。

―― 3-0の判定勝ちは、想定内でしたか?

長谷川 正直、採点はまったくわからんかったんで、この試合に関しては運がよかったなと思いました。判定負けだったとしても、不服なく受け入れていたし。今日は運がよかったなと。

―― なるほど。

長谷川 ただ思い返せば、ちょうど僕がジムに入ったころに、ウィラポンが世界チャンピオンになったんです。「いつか挑戦したい」って言ってたんですよね。みんな笑ってましたけど。ウィラポンはそのまま6年間チャンピオンを守って、本当に挑戦できた。言霊なんですよ。思ったこと、なりたいこと、全部叶ってきてるんで。デビューしたとき、友だちに「チャンピオンのまま引退する」とも言ってたんですよね。