2017.01.01

井上康生が語った「リオ五輪、
男子柔道全階級メダル獲得」の真実

  • 柳川悠二●文 text by Yanagawa Yuji
  • 甲斐啓二郎●写真 photo by Kai Keijiro

── 4人のコーチが担当階級を持つ形にし、全日本合宿だけでなく、所属先の練習にコーチが顔を出したり、階級別の合宿を行なったりしました。それによってコーチ陣と選手のコミュニケーションが深まり、信頼関係を築くことができた。

「そうですね。ただ、やっぱり監督である私としては、もう少しやれたんじゃないか、という気持ちがあるのは事実です。2020年の東京五輪まで、監督を続けさせてもらうことが決まったので、今はリオの反省を生かして、もう東京に向けて動き始めています」

── リオの反省とは。

「技術的な課題、体力的な部分の強化、精神的な強さ……選手それぞれの反省、彼らを預かる我々の反省。たくさんあります。やっぱり、一概には言えません(笑)」

(後編につづく)

関連記事