2016.08.12

男子レスリング4人衆の決意
「出るからには金メダルを獲る!」

  • 保高幸子●文・写真 text & photo by Hotaka Sachiko

高谷 でも、決勝の相手のときは、なんかこう慎重だったね?

井上 (相手を前から)意識していたの?

樋口 はい。アジア予選の20日前に韓国遠征に行ったんですけど、そこにいたんです。彼はアジア大会でハッサン・ラヒミ(イラン/2015年世界選手権2位)に勝ってたんですよ。

3人 へぇ~!

樋口 そうなんですよ。

―― 樋口選手はその決勝のとき、勝ってカメラにアピールしてくれたんですけど、そのアピールがすごかったですよね。

3人 すごかったって、何ですか(笑)!

井上 どこにカメラがあるか把握してるの!?

太田 ぼくはそんな余裕なかった(笑)。

樋口 カメラの位置、試合前にチェックしてました(笑)。勝ったらこうしようとか考えてましたね!

3人 チャラい!

樋口 でも、ガッツポーズは決めといたほうがいいんですよ!

太田 そういえば水泳の北島(康介)選手は、タッチして、タイム見て、ガッツポーズするところまで考えているらしいですよ。タッチするまでしかイメージしていない場合、その前に力抜けちゃうらしいんですよ。

樋口 そうなんです!

―― 目立ちたがりやの高谷選手はよく試合のあとにマットで踊ったりしますが、理解できるんじゃないですか。

太田 先輩は試合終わって、そこから始まる(笑)。

井上 "2セット目"が......(笑)。

高谷 そうですね、試合の流れじゃなくてエンターテインメントだから、っておい(笑)!レスリングの注目度が上がるためにいろいろ考えているんです!