2014.09.21

復活・中村美里が金メダル!「今は柔道が楽しい」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by (C)Koji Yamazaki /PHOTO KISHIMOTO

 リハビリ中に、同じ境遇のいろいろな競技の選手たちと交流でき、それが刺激にもなったという中村は「うまくいかない時期もあったが、それがあっての今なので結果的には良かった」と振り返る。

 また手術後の変化として、「今の方がしっかり踏ん張れるようになりました。手術前は靱帯がなかったので、踏ん張るときに変な角度になって力が入ると、関節がはずれていたけど、今はそういうのもないしテーピングをしないでやっているので、そこは進歩だと思います」と話す。

 それと同時に課題もみつけた中村は「組み手から技出しのスピードが以前に比べればまだ遅いから、もっと早く自分の形に出来るようになりたい」と前を向く。

そして「最近は笑顔も増えてきたのでは?」という記者の問いかけに、「ちょっとずつ笑顔も出せるようになってきました。今は柔道も楽しくて充実していますから」と明るく答える。

 復活した彼女が目指す最終地点はもちろんリオデジャネイロ五輪。そこへ向けてひとつひとつ積み重ねていきたいという中村の挑戦は、このアジア大会から始まった。

関連記事