日向坂46影山優佳がゲームで「しんみりすることもあります」。その理由は?

2021.09.28

  • スサキリョウタ●取材・文 text by Susaki Ryota
  • 廣瀬久哉●撮影 photo by Hirose Hisaya

ゲームにどっぷりハマッてしまったという影山優佳さんこの記事に関連する写真を見る
 ひとたびサッカー番組に出演すれば、国内リーグから海外リーグまでも網羅する膨大な知識で、見る人を驚かせる日向坂46の影山優佳さん。アイドルとしての魅力もさることながらサッカーの熱烈なファンとしても知られており、最近ではサッカー関連のeスポーツイベントにも出演し活動の幅を広げている。

 今回は影山さんに、ゲームやeスポーツとの関わりについて聞いた。トップアイドルの影山さんは今、熱気が高まるeスポーツに対してどんな印象を持っているのだろうか。

――影山さんはふだんからゲームをプレーされていますか。

 はい。子供の頃はよくゲームセンターに連れて行ってもらっていて、当時流行っていた100円を入れるとカードが出てくるタイプのゲームでよく遊んでいました。私は不器用なのでなかなかゲームがうまくならなかったんですが、カードを集めることが楽しかったのを覚えています。

――家庭用ゲーム機などはプレーしていましたか。

 子供の頃はあまり遊んでいませんでした。大人になってからはサッカーゲームやバトルロイヤル系のゲームで遊ぶようになりましたね。新型コロナウイルスの感染拡大で、外出を自粛するようになってからは、おうちでよくゲームをするようになりました。

――いざ家でもプレーするようになると、ハマったりしませんか。

 何事も突き詰めたくなる性格なので、どっぷりハマってしまいましたね(笑)。

――影山さんは頭脳明晰な印象があります。ふだんから物事をよく考えるほうですか。

 小さい頃から考えごとをするのは好きですね。何か意識して考えごとをしているというよりは、いつの間にかいろんな思考が頭に浮かんでしまう感じです。時には考えごとをしすぎて、寝つけなくなってしまうこともあります(笑)。この前も、蜂の飛行の法則性のことを考えていたら、頭のなかでずっと蜂が飛び回っているような感覚になって、そのせいで1時間近く寝つけませんでした。