2021.03.31

モデルとeスポーツ二刀流の大友美有、高校生活最後の大会で有終の美

  • スサキリョウタ●取材・文 text by Susaki Ryota
  • 木鋪虎雄●撮影 photo by Kishiku Torao

――部活としてeスポーツに取り組んで、よかったと感じた点を教えてください。

 最近特に感じるのが、今のような外に出づらい環境にあってもオンラインで変わらず活動ができるところですね。練習にも自宅から参加できますし、大会もオンラインで行なわれたので問題なく対戦できました。

 活動の場がオンラインなので、より幅広い世代の人に出会えるのも利点だと思います。他の部活は高校生同士で活動するのが基本だと思いますが、eスポーツは自分たちよりもひと回り上の世代とも一緒にプレーすることができますから。

――反対に、辛いことはありましたか。

 サッカーや野球と違ってまだスポーツとしての認知度が低いので「eスポーツってどうなの?」という目で見られることは多かったです。でも、だからこそ自分が真剣にeスポーツに取り組んで、いつか世間のeスポーツに対する見方を変えられたらという思いが強いです。

――今後、eスポーツ部がもっと増えていってほしいと思いますか。

 eスポーツ部のある学校が増えれば、真剣にゲームに打ち込んでプロを目指す方も増えると思います。部活としてのeスポーツがもっともっと活発になるといいですね。私もいつかは学生大会を開きたいと思っていて、ゲームに熱中する生徒たちを積極的に応援していきたいです。

――では、これからeスポーツを始める後輩たちに向けてメッセージをお願いします。

 新しいことを始めるのは常に不安だし、「この道を進んでいいのか」と心配になることもあるはずです。でもそんな不安が強い道であればあるほど、成功した時にはパイオニアになれる。そう思って頑張ってほしいです!

インタビュー後編はこちら>>


【Profile】 
大友美有 おおとも・みゆう
通信制のN高等学校を今春卒業。2021年3月開催の「全国高校eスポーツ選手権」LoL部門にN高eスポーツ部として出場し連覇を達成するなど輝かしい成績を残す。その実力が認められ、eスポーツプロチーム「Rascal Jester(ラスカル・ジェスター)」に所属。「女子高生ミスコン2019」では関東エリアグランプリを受賞しファイナリスト入りを果たし、モデル・タレントとしても活動。NTTコミュニケーションズのCMにも出演した。ゲーム内では「ShakeSpeare(シェイクスピア)」の名前で活動中。

Instagram>> 
Twitter>> 
Twitch>> 

関連記事