2021.01.19

ホークスの助っ人が分析。韓国のeスポーツ選手の年俸が高額な要因

  • ハル飯田●文 text by Haru Iida

――そうした環境の差があるなかで、日本の選手が世界のトップシーンへ入っていける可能性はあると思いますか。

 トップへたどり着くためには多くの労力と優れたコーチングが必要です。両方がそろったから絶対に強くなれるわけではありませんが、それらを兼ね備えれば可能性は十分にあると思います。

――韓国、あるいは世界のチームと比べたときに日本のLoLチームが優れている点や足りていない部分はありますか。

 世界最強のチームは、前半で得た優位性を後半も失わない試合運びがうまいです。一方、日本のチームは前半の有利を後半まで維持できないことが多く、後半に備える戦略を十分に生かしきれていない場面があると思います。

 日本チームのいい所は、相手の背後へ忍び込んでの奇襲をうまく使用していること。また相手と対面した状態での駆け引きが上手な選手が多いので、こうした日本独特の色を生かしていけば、面白くて競争力のあるリーグになると思います。

――ちなみに、ホークスで活躍した"先輩"とも言えるイ・デホ選手のことはご存知ですか。

 私のいとこが大の野球ファンで、幼い頃一緒にたくさん試合を観たり、キャッチボールをしていました。そのなかで釜山をホームとするロッテ・ジャイアンツをとても気に入っていましたし、当時ロッテに在籍していたイ・デホ選手のことも、とても尊敬していました。彼はすばらしい選手ですし、私はプロの野球選手ではありませんが、同じチームに所属できたことを誇りに思います。