2020.07.28

野球はeスポーツも熱い。真中満は村上宗隆の能力値を上げてほしい

  • ハル飯田●取材・文 text by Haru Iida
  • 村上庄吾●写真 photo by Murakami Shogo


──そうですね。スワローズのeスポーツプレーヤーは、リーグ初年度からサードのレギュラーとして起用していました。

真中 言い過ぎかもしれないけど、村上はパワプロが育てた、みたいな感覚があるんだよ。逆にパワプロから野球を観た人は「村上って本当にゲームくらい沢山ホームラン打つんだ」って思ってくれたら楽しいな。

村上宗隆を門田博光が分析した記事はこちらから>>


──ほかにeBASEBALL プロリーグの仕組みとして、良かった点や改善点などはありますか?

真中 eスポーツプレーヤーからすると短いかもしれないけど、イニングは5、6回がいいのかな。ポストシーズンの9イニング制の試合は解説もしんどかったな(笑)。

──通常は5イニング制ですが、ポストシーズンの9イニング制は放送席もかなり大変そうでした。

真中 でも実際のプロ野球だと143試合も戦った結果がクライマックスシリーズの数試合で入れ替わっちゃうんだよ。その点、eBASEBALL プロリーグは1試合3ゲームずつにセパ交流戦を足して20試合強のシーズンだから、クライマックスシリーズがあって丁度いいと思ったよ。

──短いほうが、見る側からすると見やすいかもしれないですね。

真中 あとは、最終戦はぜひ盛大にやりたいね。東京ドームでやるとかさ。あんまり勝手なことを言うと怒られるかな(笑)。

──球場で試合ができるとなれば、eスポーツプレーヤーにとってもロマンがありますね。サッカーのeスポーツでは、アーセナルの本拠地で世界大会の決勝(PESリーグ2019ワールドファイナル)が行なわれたケースもあります。

真中 運営の人は大変かもしれないけど、可能性が広がる。今年はちょっと難しいと思うけど、今後に向けてそういう期待があるといいよね。


真中満 プロフィール
1971年1月6日生まれ、栃木県出身。93年にヤクルトスワローズに入団。勝負強さのあるバッターとして頭角を表し、在籍16年間でリーグ優勝、日本シリーズ制覇など数々のタイトル獲得に貢献。2008年の引退後はヤクルトで二軍打撃コーチ→二軍監督→一軍チーフ打撃コーチと経験を積み、15年には監督就任一年目でリーグ優勝を果たした。19年にはeBASEBALLプロリーグ応援監督に就任し、パワプロの魅力を伝えている。

関連記事