2021.11.30

女子バレーボール東京五輪主将・荒木絵里香の
引退の真相。「もうこれ以上うまくなるのは
難しい」

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by アフロスポーツ

「本当の引退理由って、なんだろうって考えた時、表向きには子どもといたいとか、東京五輪が終わったからだときれいにまとまりそうですけど、それだけじゃないです。私は、うまくなりたい一心でやってきて、出産後も成長できている、うまくなれると感じてやってきました。その後も、まだこんなんじゃ終われないって言い聞かせてやってきました。でも、今回は、もうこれ以上うまくなるのは難しいという自分を素直に認めることができました。だから、スッパリやめられました(笑)」

 決心がついた時の気持ちを荒木さんは、こう言った。

「バレーを味わい尽くした感じです」

 引退後は、トヨタ車体クインシーズのチームコーディネーターという仕事に就いている。あまり聞かない役職だが、どんな仕事をしているのだろうか。

「今はチームの強化とPRがメインですね。チームに帯同する時は、練習を見て、選手に声をかけたり、ミーティングで気がついたことなど意見も言います。でも、コートに戻りたいとかは1ミリも思わないですね」 

 コート脇にいる荒木さんの存在感は、絶大だが、そういう人が見てくれているチームの選手はある意味幸せでもある。練習では、ぬるい空気は許されないだろう。そうしたコート上の厳しさや我慢は、荒木さんが大事にしていた成長に必ずつながる。

 そういう意味では、荒木さんが関わるチームの今後が楽しみだが、日本代表の今後も気になるところだ。東京五輪は1勝4敗でグループリーグを突破できず、惨敗といってもいい結果に終わった。主将だった荒木さんは、最後に若手にこう伝えたと言う。

「最後の試合が終わって、バラバラに控え室に戻るのはイヤだったので、最後にみんなに集まってもらいました。その時、『キャプテンとして、こんな結果に終わってしまってごめんね』ということと、若い選手が多かったので、『もう1回、次のチャンスを活かして個人が強くなってチームを強くしていってほしい』と伝えました。パリ五輪まで3年しかないですし、次はオリンピック予選があります。今まで以上に強くならないと大変なことになるので、日本のバレーボール界のためにも彼女たちには頑張ってほしいですね」

 プレーヤーとしては第一線を退いた荒木さんだが、今一番やりたいことは娘さんとの時間をしっかりと持つことだと言う。

「今まで授業参観とか運動会とか、1回も行けていないんです。参観日の案内とかもらってくると、『行けない。バーバにお願い』という感じだったので、これから楽しみですね。ただ、私は身長の高さが一般社会のなかで尋常ではないので、周囲の反応が気になりますけど(苦笑)。とりあえず、ママ友作りから始めます」

 その表情は、東京五輪で見せた厳しい表情ではなく、優しいママそのものだった。
 

FMヨコハマ『日立システムズエンジニアリングサービス LANDMARK SPORTS HEROES

毎週日曜日 15:30〜16:00

スポーツジャーナリスト・佐藤俊とモリタニブンペイが、毎回、旬なアスリートにインタビューするスポーツドキュメンタリー。
強みは機動力と取材力。長年、野球、サッカー、バスケットボール、陸上、水泳、卓球など幅広く取材を続けてきた二人のノウハウと人脈を生かし、スポーツの本質に迫ります。
ケガや挫折、さまざまな苦難をものともせず挑戦を続け、夢を追い続けるスポーツヒーローの姿を通じて、リスナーの皆さんに元気と勇気をお届けします。

関連記事