2021.10.07

石川祐希が日本代表キャプテン1年目を総括。「世界一の選手になる」ための課題も挙げた

  • text by Sportiva

 ディフェンス面に関しては、「一番の課題」とも話すブロック。レセプション(サーブレシーブ)成功率はやはりチームトップだが、「身長がある他の選手にも張り合えるくらい、ブロックで点を取れるようにしたい」と意欲を見せ、「そうなれば、僕はもう1ステップ、2ステップ上のレベルに上がっていけるんじゃないかと思います」と力強く語った。

 そうして個人の能力を高めながら目指すのは、チームの目標達成にもつながる「勝つこと」だ。昨季のセリエA、今季の日本代表での自身のパフォーマンスに関しては「常に高い状態で発揮できている」と手ごたえを口にするも、勝ちにつながらない試合があることが課題だという。

 自分がベストパフォーマンスを出しつつ、それを勝利に結びつけるには何が必要なのか。石川は、主将として東京五輪を戦って感じた「周りを巻き込むことの大切さ」を口にした。

「試合は僕ひとりの力では勝てないので、先ほども言ったようにチームメイトを巻き込んでいくことが必要だと思っています。自分で得点を取ったあとなどに、感情の表現などでチームを鼓舞するといったことができないといけない。

 また、セリエAは高さとパワーが重要なリーグですが、そこに丁寧さが加われば、チームはより強くなれると思います。僕が最後までボールを追いかける、1本のトスを丁寧にするといった姿を見せることによって、ボールを落とさないことを大事にするチームにしていけたらと思います」

 初めて日本代表の主将として戦った五輪の経験を生かし、世界トップの選手へ。7シーズン目となるセリエAで、石川はさらなる飛躍を目指す。

関連記事