2021.08.10

バレー髙橋藍のプレーに海外も衝撃、人気度も大幅UP。初五輪で得た収穫と今後の課題

  • 高井みわ●取材・文 text by Takai Miwa
  • photo by AFLO SPORTS

 一方の攻撃面では、バックアタックが効果的に決まっていたものの、カナダ戦の序盤のように前衛での攻撃には課題が残った印象がある。相手ブロックにマークされても、それをかいくぐって決めきれるような技術が必要になるだろう。また、サーブはターゲットを正確に狙うことができていたが、石川や好調時の西田のような流れを変えるビッグサーバーになるためには、パワーとキレがもう少しほしいところ。しかし、それだけ伸びしろがあるということに明るい未来を期待せざるを得ない。

 ともあれ、ほぼ全試合が地上波で放送されたオリンピックの効果は絶大だ。髙橋はプレーではもちろん、端整な顔立ちも相まって大きな注目を集めた。海外のファンも増え、インスタグラムのフォロワーはオリンピック期間中に数十万単位で増加し、8月9日現在で87.3万人までフォロワー数を伸ばしている。

 オリンピックは無観客試合になったが、9月12日に千葉県で開幕するアジア選手権は有観客となる予定(変更の可能性もあり)。もちろんどの大会も状況を見ての開催になるが、アジア選手権のあとには大学バレーの秋季リーグも控えている。同じく大学生で五輪メンバーに入った大塚達宣(早稲田大3年)との対決などを含め、今後の髙橋の活躍からしばらく目が離せなそうだ。

男子バレーボール界の若きサウスポーエース、西田有志の初書籍!

『エースの翔道』絶賛発売中!

<収録されているテーマ>
・本人をはじめ両親や指導者などの証言で辿るバレー人生
・清水邦広や柳田将洋とのプレミアム対談
・チームメイトから見た素顔
・日本代表セッターが語る歴代エースとの違い
・カラーページは撮り下ろし、オフショットが満載
・大人気マンガ『ハイキュー!!』の作者・古舘春一先生の描き下ろしイラストを2点収録

ご購入はこちら>>

関連記事