2021.04.30

男子バレー西田有志、鳥肌が立った試合。苦境でチーム全員が「ゾーンに入った」

  • Text by Sportiva
  • 火野千鶴●撮影 photo by Hino Chizuru

 サントリーさんは昨年の僕たちと似ていました。勢いがあって、全試合で1点を取るリズムがよかった。バレーの試合では、『ここを取ったらあと2、3点連続で得点できそうだな』と感じる場面、『なんでそこにトスが上がるの?』と自分たちでも理由がわからないけど点が取れる場面もある。セットの中盤で意外なところから得点できると勝負所での布石にもなるんですが、今季のサントリーさんはそんな場面がたくさんあったように感じます」

 さらに西田は次のように続けた。

「外国人選手など特定の選手じゃなくて、全員で得点を重ねられるチームが上位にいきましたね。勝敗にはいろんな要因がありますが、サーブ、ディフェンスからの得点など、連続して得点できる方法がいくつあるかが勝敗を左右する。だから、個々の能力を高めていけば、勝てる可能性はどのチームにもあるということです。それができたら、下位のチームも上位のチームを倒すことができる。それがチームスポーツの面白さですね」

 ジェイテクトの試合の中でも、チームの一体感に西田が「鳥肌が立った」試合があるという。リーグ終盤の3月20日に行なわれた、JTサンダーズ広島との一戦だ。

 その試合はJTが2セットを先取し、ジェイテクトは敗色濃厚。そこでチームの空気が悪くなってもおかしくないが、その時は逆によくなっていったという。

「何か特別なきっかけがあったわけではないんですが、第3セットで全選手のモチベーションが変わったのを感じました。ひとりひとりがしっかり役割を果たして、3セットを連取して逆転できた。言葉では現しづらくて、『なんかいいんじゃない?』というのを肌で感じるというか、集中力がどんどん増していきました。ベンチのメンバーを含め、チーム全体で"ゾーンに入った"ような試合でしたね」

 そんな戦いを重ねる中で、西田個人も成長していった。ケガでの離脱がありながら総得点2位(833得点。日本人選手では1位)という成績も立派だが、1セットあたりのブロック決定本数が、昨季の0.49から0.61へと大幅にアップした。