2020.10.16

西田有志、ユース時代のライバルが入団内定。
Vリーグ連覇へサーブも進化

  • 中西美雁●取材・文 text by Nakanishi Mikari
  • 谷本結利●撮影 photo by Tanimoto yuuri

 入国後の隔離措置などでチーム合流は遅れたが、その前に西田はフェリペに対する期待を次のように話した。

「国際大会で何回もメダルを手にしている偉大な選手。性格がいいと聞いていて、日本語もけっこうわかるらしいんですよ。キャリアが長い分だけ経験値も豊富ですし、彼を知る人曰く『すごくホット!』という人との接し方を含めて、できるだけ多くのことを学びたいです。

 プレーを映像で見た印象としては、ディフェンシブな選手で駆け引きがうまいですね。攻撃面ではサーブが強くて、速いトスを打つ技術が高い。身長(197cm)は海外のアタッカーの中では大きくないですけど、クイックネスがあってジェイテクトに合っている選手だなと思いました」

 一方のセッターは、優勝時にコートに立っていた中根聡太が昨季限りで引退。中根との併用が多かった、2年目の小林光輝にかかる負担が大きくなることが予想される。しかし西田は「小林選手を含め、セッター陣はみんな能力が高いので心配ない」と述べたあと、スパイカーとしての覚悟を次のように語った。

「セッターが上げたボールがどんなに苦しいものでも、それが打てるボールだったら、あとはスパイカーの責任だと僕は思っています。選手が変わった時に、『セッターが変わったから負けた』などと言われることがありますが、その表現は間違っている。試合の中でセッターをうまく乗せるのも周りの選手の役割ですから」

 10月13日には、同じ愛知県を本拠地とするウルフドッッグス名古屋(旧豊田合成トレフェルサ)との練習試合を行ない、コンビネーションなどを確認。相手チームの速さにも対応できたことで、一定の手応えを掴んだようだ。