2020.07.14

王者との決戦で「自分に腹が立った」西田有志。悲願達成後の涙の理由

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari
  • 火野千鶴●撮影 photo by Hino Chizuru

スーパーエース・西田有志 
がむしゃらバレーボールLIFE
 (11)


小学生~高校生時代の貴重な写真も!連載一覧はこちら>>

 現在のバレーボール男子代表で、大きな期待と注目を集めている20歳の西田有志。そのバレー人生を辿る連載の第11回は、W杯で大ブレイクした後に迎えた、V.LEAGUEでの戦いを振り返る。

***

チームの初優勝をかけて2019‐20シーズンを戦った西田 2019年10月26日に開幕した「V.LEAGUE Division1男子」。日本代表がW杯で28年ぶりの4位という好成績を残したこともあり、柳田将洋、山内晶大、高橋健太郎、石川祐希が人気になった「NEXT4」を彷彿とさせる男子バレーブームが起こっていた。

 特に「ベストサーバー」と「ベストオポジット」を受賞した19歳の西田は大きな注目を集めた。所属するジェイテクトSTINGSの試合のチケットは、発売開始と同時に完売する事態が続出。リーグが始まると、会場で販売された西田のグッズはすぐに売り切れ、等身大パネルが置かれた写真撮影のコーナーにもファンが行列を作った。

 西田はW杯終了後、欧州のリーグでプレーする柳田(今シーズンはサントリーサンバーズでプレー)と石川(アリアンツ・パワーバレー・ミラノ)に「日本のバレー人気をアップさせる役割はお前に任せた」と言われたそうで、「責任を感じました」と話していた。それが重圧になりそうなところだが、西田はエースとしてその"責任"を果たし、ジェイテクトは開幕から無敗で突き進んだ。

 前シーズンに比べてチームの戦力もかなりアップしていた。元ブルガリア代表の"優勝請負人"マテイ・カジースキ、前年度にフランスリーグで優勝を経験したリベロの本間隆太がチームに復帰。さらに「アジア枠」で中国代表の210cmの饒書涵(ラオ・シュハン)、東レアローズからは207cmの伏見大和がミドルブロッカーとして加入し、攻守で相手を圧倒する試合が増えていた。

 悲願であるチーム初の優勝へ。乗り越えなければいけない最大の壁は、リーグ3連覇を狙うパナソニックパンサーズだった。