2020.06.23

西田有志は、なぜ高校からVリーグという
異例の道を選んだのか

  • 中西美雁●取材・文 text by Nakanishi Mikari

高校3年時の2017年10月、ジェイテクトSTINGSへの内定が発表された photo by Urakawa Ikken「よく跳ぶしパワーがある」と思った寺嶋は、プレー映像を当時の監督(現総監督)増成一志に送った。増成の第一印象は「高校生にしてはよくやっている」くらいだったそうだが、数年先の活躍を見据えて声をかけることにした。試合後に西田と話した寺嶋は「本田圭佑みたいだな」と思ったという。

「すごく謙虚なんですけど、時折ビッグマウスというか、自信が言葉に表われるんですよね(笑)」

 寺嶋がその時に話した内容は、高校卒業後、もしくは大学を卒業した後にジェイテクトに入団してほしいというもの。西田は卒業後の進路として、中央大学も考えていた。髪型やネックレスなどをマネしていた、憧れの石川祐希がプレーしていたからだ。

 ただ、西田が入学する年に、石川は大学を卒業していく。それに加え、アンダーカテゴリーでの苦い経験が、高校からのVリーグ入りを後押しした。

 2年時にユース代表に選ばれた西田は、点取り屋ではあったがサーブレシーブが得意だったこともあって、当初は守備専門のリベロとして登録された。それでも、「中学選抜の時に腰を痛めていて、ほとんど練習ができなかったのが心残りだったので、『やっと来たか!』って思いました」と胸を躍らせていたという。

 その8月には初めて国際試合も経験。翌年の3月末に開幕したアジアユース選手権大会には、本来のポジションであるオポジット登録になり、チームは史上初の優勝を果たした。西田は自身のSNSでその喜びを伝えたが、内心は「無念」という気持ちが強かったという。