2020.01.10

黒後愛と石川真佑が本音で語る。
互いの特長や課題、高校時代の裏話

  • 中西美雁●取材・文 text by Nakanishi Mikari
  • 谷本結利●撮影 photo by Tanimoto Yuuri

――サーブで狙われることは、黒後選手も経験してきたと思いますが、何かアドバイスはありますか?

黒後 アドバイスと言えるかわからないんですけど……ずばり、「気持ち」です(笑)。どれだけサーブで狙われても、「全部返してやる」という気持ちを持つことが大事だと思います。レシーブを失敗しても、すぐに次がくるので切り替えないといけない。私の場合は、ミスしたあとこそ「来い!」と思っています。

――Vリーグのシーズンを戦うなかで、そういったバレーの話をする機会も増えたんじゃないでしょうか。

石川 バレーの話に限ったことではないんですけど、一緒に練習や試合をする時間が増えて、自然と高校の時よりも会話することは多くなりましたね。

黒後 話をするのが普通すぎて、内容をパッと思い出せないくらいだよね。あ、真佑のサーブの話をしたことは覚えています。「真佑専門のサーブコーチになろうかな」って。

――その”コーチ”として、石川選手にどんな助言をするんですか?

黒後(Vリーグの)今季の前半はケガで試合に出られなかったので、その時にサーブを見て気づいたことを伝えていました。たとえば、後ろから見て「トスがこっちに流れてるよ」といった感じですね。

――黒後選手はレギュラーシーズンの途中に復帰しましたが、もうケガの心配はありませんか?

黒後 ケガはまったく問題ないんですが、試合勘やプレーの質に関しては全然という感じです。早くプレーも全開に戻したいです。

――チームはファイナルラウンド進出を決めましたが、レギュラーラウンドでは調子に波があるようにも思えたのですが。

黒後 本当にそのとおりで、いいときはいいんですけど、苦しくなった時に踏みとどまれない。連続失点が多いので、それを1点でも2点でも減らさないといけません。選手だけでなくスタッフを含めて全員でミーティングをするなどして、ファイナルラウンドに向けてそれを形にできるようになってきたと思います。

石川 私も愛さんと同じような印象で、苦しい時に自分たちのミスが出たりして、盛り返す雰囲気を作れていなかったなと思います。みんながそれを変えようとしたんですが、私も含めてうまくいかない部分がありました。今はいい方向に向かっていると感じますが、誰かに任せるんじゃなく、チーム全員で意識し続けなければいけないと思います。