2019.04.12

Vリーグ史上最大の下剋上へ。東レのエース黒後愛が「執粘」を見せる

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari
  • 堀江丈●撮影 photo by Horie Joe

 試合後、黒後は「すごくもったいない試合でした」と唇を噛んだ。

「これまでも、なかなか出だしがうまくいかない試合は多かったので、『4点、5点差をつけられても大丈夫』と思っていたのですが、結局は自分たちのバレーができずに終わってしまいました。序盤に走られたのは、自分たちで崩れてしまった部分があり、防げた失点もたくさんありましたね。久光さんに勢いがあって、気持ちの面でも押されてしまったように感じます」

 東レは黒後を含め、グランドファイナルを初めて戦う選手がほとんど。経験豊富な久光製薬に、試合運びやメンタル面で遅れをとってしまったのも無理はない。しかし黒後は、最終決戦に向けて前を向いた。

「ファイナル8、ファイナル3と勝ち進むにつれ、自分たちが成長できていることを実感しています。ポイントなしから決勝の舞台に進めたことは大きな自信になっていますし、しっかり切り替えて次の試合に臨みたいです。(第2戦には)きっと今日よりもっとたくさんの方たちが応援に訪れてくれるはず。そんな気持ちに応えるためにも、しっかりと粘りのあるバレーをしてゴールデンセットに持ち込み、勝ち切ろうと思います」

 東レの今季のスローガンは、選手たち自身が決めた「執粘(しゅうねん)」。その言葉通りの粘りが見せられれば、最後に勝利の女神が微笑むかもしれない。

関連記事