2018.08.05

18歳の点取り屋、西田有志が
柳田・石川の背中を追って急成長

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari
  • 坂本清●撮影 photo by Sakamoto Kiyoshi

背番号が32から11に変わり、心機一転

――Vリーグデビューしてからわずか半年で全日本に定着しましたが、現在の自分をどう評価しますか?

「まったく満足はしていません。高校生のときとはまったく違う景色になって、自分の立場を考え直すときもありました。先日、海外で試合を行なうジュニアチームを見送る機会があったんですけど、『ユースチームに落選した僕が、今はジュニアを見送る立場になったんだ』と、あらためて実感しましたね。『この選手たちに抜かれるわけにはいかん』と身が引き締まりました」

――9月の世界選手権では、ネーションズリーグで戦った相手もさらにギアを上げてくると思います。

「今までの戦い方は通じないと思います。各国がベストメンバーで臨んでくるのに対して、今の僕のバレーがどこまで通用するのかを見極めながら、アクセントをつけて戦っていく。そこを疎かにしたら、僕のバレー人生に先はないと思っています」

――中垣内監督は、西田選手の身長も考慮して、レフトやライトでの起用も考えているとのことですが。

「サーブレシーブもするライトが、僕に一番しっくりするポジションだと思います。レフトは競争が激しいですし、サウスポーという特徴を生かせるのもライトなので。でも、どこのポジションでの起用になっても、全力で取り組むのみです。世界選手権でも思いっきり暴れてきます!」

◆意識に変化。石川祐希が語るイタリアでのプロの道を選んだワケ

◆栗原恵、残りの現役生活に迷いなし。目指すはチームでの活躍→全日本

関連記事