2018.05.18

主将・柳田プロ、エース石川プロ。
ガイチジャパンを支える2人の思い

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari
  • 坂本清●撮影 photo by Sakamoto Kiyoshi

 目標を高く設定する柳田だが、慎重な面もある。主将としての東京五輪への思いを聞かれた際には、「まず来年、僕が代表に選ばれて、その上で主将に選んでいただけるか、そこからが勝負です。常にギリギリのところにいるという緊張感を持って、コートでもそれ以外でも過ごしていきたい。もちろん東京五輪に出場することは夢です。そのためにすべて出し切り、自分らしいキャプテンシーを発揮したい」と答えている。

 中垣内監督も「主将については、ずっと同じか毎年変えるかはわからない」と話したが、この緊張感をチーム全体で保ちながら強化を進めたいという思いの表れだろう。今月末からの戦いで、その成果が出てくることを期待したい。

◆本人に聞く、バレー界期待の「高校生Vリーガー」西田有志とは何者か>>

◆柳田将洋がドイツの移籍先でキャプテン「ハンターマサ」になっていた>>

関連記事