2018.05.02

ビーチ坂口佳穂の素顔。「海外には、
必ずサバ缶を持っていきます」

  • 小崎仁久●取材・構成 text by Kosaki Yoshihisa
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi


さらなる活躍が期待される坂口佳穂――尊敬しているアスリート、憧れのアスリートはいますか?

「すでに現役は引退されているのですが、先日、水泳の伊藤華英さんとお話しさせていただく機会を得たんですね。伊藤さんは、とても明るくて前向きな方で、『伊藤さんのような女性になりたい』と思いました。

 あとから聞いた話ですが、伊藤さんはアテネ五輪の出場は逃したものの、次の北京五輪では見事に五輪出場を果たして、その4年間は『1日たりとも後悔した日はない』と言われたそうで、その言葉がすごく胸に響きました。それから、”一日一日の使い方で4年後が変わる”と、私も意識するようになりました」

――最後に、座右の銘を教えてください。

「高校の恩師から『可能性は無限大』という言葉を贈られました。何事も自分次第でどうにでもなる。今の自分にはできないことでも、周りの人より何倍も、何十倍も努力をすれば、可能性は広がるんだよ、と。

 だから、誰よりも練習しようと思って、この4年間やってきました。コーチからも『誰よりも練習すれば、日本一になれる』とずっと言われているので、これからもその言葉を信じてがんばっていきます」

◆坂口佳穂フォトギャラリー>>

◆ビーチバレー坂口佳穂が語る。「東京五輪出場のチャンスは、まだある」>>

◆坂口佳穂、ビーチバレー3年目はプレーもパートナーも安定せず>>

関連記事