2017.12.22

木村沙織を継ぐエースへ。東レ1年目の
黒後愛が皇后杯で打ちまくる!

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari
  • photo by YUTAKA/AFLO SPORT

 そのデンソーと準決勝を戦う東レは、復活を遂げた栗原恵が所属する日立リヴァーレに3-1で勝利した。この試合では、東レ注目のルーキーである黒後愛に日立のサーブが集中し、時にはサービスエースを献上してしまう場面も。しかし、黒後はサーブレシーブで崩されても決して慌てず、スパイクでミスを取り返すなど新人らしからぬ落ち着きを見せた。

 さらに、自身のサーブでは"お返し"とばかりに相手のレシーブを乱し続け、第2セットをサービスエースで締めくくっている。1年目の選手として十分な活躍をした黒後だが、試合後には反省ばかりが口をついた。

「チームとしては、1セットを落としてしまったんですが、第4セットをしっかり取り切れてよかったです。でも、個人的には何もできませんでした。レセプション(サーブレシーブ)は、Aパス(セッターが動かずトスが上げられる位置へのパス)があまりなかったので納得していません。攻撃面では、セッターの(白井)美沙紀さんが、ブロックを1枚や1枚半にしてくれたのになかなか決めきれなかったので、そこできちんと点を取れるようにしたいです」