2017.10.28

世界を知った東レコンビ・李博と
藤井直伸が、Vリーグに持ち帰るもの

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari
  • 浦川一憲●写真 photo by Urakawa Ikken

――信頼関係を築かれていますが、プライベートでもすごく仲がいいんでしょうか。

李・藤井 それはないですね(笑)。

藤井 揃って全日本に呼ばれたのでそう言われることもあるんですが、練習や試合以外でもいつでも一緒ってことはないです(笑)。コンビネーションを高めるためにかなりの本数をこなしましたから、絆は固いですけどね。

――全日本でともに戦うのは初めてでしたが、藤井さんは同じセッターで全日本のキャプテンを務める、深津英臣選手とどんな話をしましたか?

藤井 相手のブロックのつき方やどういうシステムで相手が戦っているのかを、試合中に教えてもらっていました。深津さんがいたから、全日本でも自由に、思い切ったプレーができたんだと思います。

 僕も深津さんにはすごく助けられました。自分はあまり気持ちを前面に出すタイプではないので、深津さんがチームを引き締める言葉を言ってくれるのを、ほぼ同年代ながら頼もしく感じていました。試合に出ていないときでも絶えず仲間に声をかけて、得点が入ったら全身で喜ぶ。そんな姿を見て「もっと頑張らないと」と思いました。

――両エースの、柳田将洋選手と石川祐希選手の印象は?

 気持ちの余裕が違いましたね。年下の選手ですが、チームを引っ張ってもらっていました。

藤井 多くの経験をしっかりモノにしているなと思いました。常に一定のパフォーマンスが出せますし、頼もしい存在でした。