2017.07.06

ビーチバレー坂口佳穂を襲う爆弾サーブ。
元代表との対戦で起きたこと

  • 小崎仁久●取材・文 text&photo by Kosaki Yoshihisa

 試合後、「実力差を感じさせられた」と藤井が肩を落とせば、坂口は「悔しいです。サーブキャッチができない、サイドアウトが切れないでは、第1シード相手には戦えない。これが(自分たちの)実力です」と言って唇を噛み締めた。

 だが、ふたりに落ち込んでいる暇はない。藤井が語る。

「トップとは差があるが、まずは焦らずにやっていくことが大事。本当に一歩、一歩、できることを増やしていきたい。そして、坂口の攻撃力をもっと生かすことができたら、トップレベル相手にも戦うことができると思う」

 坂口も藤井の言葉に頷いて、こう語った。

「スパイクを打つためには、その前のサーブキャッチ、パス、トスが重要になってくる。もう一度基本に戻って、その形を作っていきたい」

 強豪相手に、改めて課題が浮き彫りになった坂口&藤井ペア。それでも、「練習していることは、試合でも出せるようになってきている」(坂口)と、着実に力はついてきている。その成長の跡が結果に表れる日は確実に近づいているはずだ。

 いよいよ迎えるシーズン本番、その日が訪れることを期待したい。

【フォトギャラリー】
◆ビーチバレー坂口佳穂、3年目のシーズン>>
◆ビーチバレーボール界の「ニューヒロイン」坂口佳穂>>

■バレーボール 記事一覧>>

関連記事