2017.05.05

男子バレーのエース柳田将洋vs石川祐希、
2人の直接対決で起きたこと

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari
  • 坂本清●撮影 photo by Sakamoto Kiyoshi

 この結果、3-1で勝利したサントリーが2次ラウンドに駒を進め、中大のグループ予選敗退が決まった。柳田は「すごくレベルが高い相手なので、大学生とは思わずに戦った。苦しい試合でした」と振り返りながら、2年前に敗れている相手への意識についてこう語った。

「いろんな因縁というか関係がある相手で、負けた悔しさは心の片隅にもちろんありました。それを払拭するのは自分ひとりだけではできない。自分自身と仲間を信頼するしかないんです。第1セットを取られて焦りもゼロではなかったけど、それを鎮めるのもチーム力。第2セットを取り返すことができて、落ち着くことができました」

 柳田の「狙い」ははっきりしていた。この試合1本目のサーブは、中大のリベロで実弟の貴洋を直撃したが、「弟だから『この野郎!』と思って打ったわけじゃないですよ(笑)。データ的に、昨日の(中大-パナソニック戦で)サーブレシーブ返球率が一番悪く、レセプション(サーブレシーブ)を受ける3人の中で一番プレミアリーグのサーブを受けたことがないのが弟でしたから。だから、弟と、エースの石川君から崩すために2人を狙いました」と、悪夢を振り払うための執念を明かした。

「サントリーサンバーズの看板を背負っているひとりとして、また大学生に負けるわけにはいかなかった。自分もサントリーで最後ですし、山村さんのキャリアをここで終わらせてはいけないとすごく感じていました。最後に花を添えたいという気持ちは強いです」