2017.03.19

木村沙織から全日本のエースを
引き継ぐのは、ひと皮むけた古賀紗理那だ

  • 中西美雁●文 text by Mikari Nakanishi 坂本 清●写真 photo by Sakamoto Kiyoshi


 報道陣から「MVPはまだ発表されてないですが、もし選ぶとしたら誰ですか?」と質問されて、「自分です!」と胸を張った古賀。同席した近江と山口からも「紗理那です」「私も紗理那ですね。高卒2年目でまだまだ若いんですけど、サーブで狙われて、攻撃も対策されて、それでもシーズン通して出場しきったので、MVPをあげたいと思います」とお墨付きをもらった。

 悔しい思いをした全日本に向けても、改めて意欲を燃やしている。

「今は、5月にある世界クラブ選手権で高い相手にどれだけ通用するか、ぶつかっていきたい。全日本についても、同じように高い相手に自分がどれだけやれるか、ぶつかっていきたいです」

 シーズンが始まる頃は、全日本に関する質問に対し、唇を噛んでうつむくだけだった古賀だが、「優勝」という実績を得て、自信を取り戻したように見える。中田久美次期全日本監督にも「中心となる選手」として名前を挙げられている。まずは、5月に神戸で行なわれる世界クラブ選手権での活躍を期待したい。

■バレーボール 記事一覧>>

関連記事