2016.12.04

石川祐希、録画した『逃げ恥』を
見るよりイタリア挑戦が待ち遠しい

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari  松永光希●写真 photo by Matsunaga Koki


――2度目のイタリアですが通訳さんはいますか? 移籍を発表したときの記者会見で、イタリア語の勉強をすると言っていましたが、自己紹介などはできるようになりました?

石川 いえ、通訳はいないと思います。イタリア語は難しい言葉じゃないと思うので、定冠詞とかそういう細かい部分を気にしなければ、ある程度はできると思います。

――ラティーナのツイッター公式アカウントが「祐希、早く来て!」とツイートしていました。

石川 ツイッターですか? あんまりわからないです。でも、ラティーナのマネージャーの方と連絡を取っていて、「いつ来るんだ、早く来てくれ」と言っているのは知っていました。自分も早く行きたい気持ちはありますが、日程は決まっているので、その時が来るのが待ち遠しいですね。

――先日、柳田将洋選手(サントリー)にインタビューをしたときに、石川選手の2度目のセリエA行きについて聞いてみました。すると、「すごいことだとは思わない。彼くらいなら、むしろ普通にやってくれると思うから」と。

石川 マサさん、そんなこと言ってましたか(笑)。まあ、単純に頑張りたいなあと思います。僕もびっくりされることとは思わないです。日本の選手はあまり注目されていないですけど、活躍できるようなら、他の選手でも"世界"で戦えるという評価になりますよね。あとは、自分に続いて海外に行く人がもっと増えてくれるかどうかだけだと思います。