2016.10.22

柳田将洋がVリーグでリベンジ宣言
「そして、海外にも出ていくべき」

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari  大森 大●写真 photo by Ohmori Dai

──たとえば、OQTの前にもっと海外のチームと試合を組むことができていれば違ったでしょうか。

「それは、ないよりは(あった方が)よかった、確実に違ったと思います。ワールドカップの時がそうだったんですけど、あの年の印象として、ほとんど海外でたくさん試合をして、親善試合をして、アジア選手権をして、練習試合をして、それでワールドカップだった。それが一概にいいかは言い切れないですけど、それを当たり前にしていかないと、世界と戦うことがベーシックにならないです。レセプション(サーブレシーブ)するにもサーブが違いますし、ブロックの高さも違う」

──個人的には何が課題でしたか? 

「自分の持ち味が出せなかったこと。終わってしまったことなので、課題というより反省ですね。サーブが全然入らなかった。課題を挙げたら、切りがないです」

──やはりOQTという大会は取材していても、他の試合とは緊張感や観客の雰囲気も違う大会だと思うのですが、やっていてどうでしたか?

「いや、ワールドカップとあまり変わらなかった。独特の雰囲気とかプレッシャーは、ワールドカップでもすごく感じていて。OQTの独特の雰囲気は、そのときはあまり感じていなかったです」

──直後に始まったワールドリーグ、国内大会はよかったものの、アウェーでは全敗。モチベーションの維持に苦しんだのでしょうか。体力的に難しかったのでしょうか?

「特にそういった問題はないかな。体調が若干よくないとしても、それがプレーに影響したかというと僕自身、そういうことはありませんでしたし、他の人もそうだったと思います。OQTの直後でも、できる限りの調整はしましたし、切り替えてやっていたと思います。コートの中でも、ベンチで見ていてもそれは感じました。

 だから、何で勝てなかったかといわれたら、僕らの力不足。僕自身もそれを一回見つめ直さなきゃいけない」