2016.09.25

強豪に「あと少しで勝てない」
ビーチバレー坂口佳穂に必要なもの

  • 小崎仁久●文 text&photo by Kosaki Yoshihisa

「(田中&藤井ペア戦でも)経験の差が出た部分があったかもしれないけど、それでもフルセットまでいっている。勝つチャンスはあったと思う」

簡単に敗れることはなくなってきた坂口&鈴木ペア セットを取る力は着実についている。あとは、そのパフォーマンスを1試合継続させる力とメンタリティーを身につけることが重要だ。坂口はそのことも重々承知している。

「相手が喜ぶようなミスをしてしまってはダメ。もっと丁寧に、余裕を持ってプレーしなければ......」

 坂口&鈴木ペアを指導する、瀬戸山正二コーチが挙げる課題も同様だ。

「現状では全力で戦って、勝ったり、負けたり。8割の力で戦って勝てるようにならないと、もっと上にはいけない。経験も大事だが、(坂口&鈴木ペアには)メンタルのコントロールが必要でしょう」

 今季の第1目標である決勝トーナメント進出がなかなか叶わず、足踏みを続けている坂口&鈴木ペア。それでも、強豪相手にも常に接戦を演じられるようになった。しかも、アメリカ合宿、ワールドツアー出場などを経て、坂口のアタックのスピードは上がり、ショットの種類も増えている。ジャンプサーブも武器のひとつに加わりつつある。今は成長の踊り場で、飛躍するまでの我慢の時だろう。

 ツアーは、残り3戦。次なる大きなステップが、今季中に見られることを期待したい。

■バレーボール 記事一覧>>

関連記事