2016.05.28

【男子バレー】リオ最終予選開幕! エース・石川祐希が静かに牙を研ぐ

  • 中西美雁●文 text by Mikari Nakanishi 坂本 清●写真 photo by Sakamoto Kiyoshi

当の石川にも現在の調子、最終予選への意気込みを聞いた。一問一答は以下の通り。

――長らく膝の調子が悪くて別メニューでしたが、今はどうですか?

「今の状態は全然いい。今までずっと休んできたのがよかったのかなと思います」

――(練習試合の)アメリカ、フランスとやってみて、調子は上がっている?

「自分としては悪くはないので、ここから試合に向けてモチベーションも上がると思うし、さらに高めていければと思います」

――ワールドカップのときとの違いはありますか?

「正直去年のワールドカップは自分が出られるか、というところに目がいっていた。課題というよりは、まず自分のプレーをしっかりしようと。そこで通用しなかったわけではないので、今回、海外相手にも引くことなく戦えていると思います」

――来るものなら来てみろ、という感じでしょうか?

「そこまでじゃあ(笑)。試合になればそうでしょうけど、今は、『来るでしょう』『やっぱり来るよね』みたいな」

――アメリカなど、高いブロックの相手とやってみて手応えは?

「アメリカはブロックというより、サーブでしっかりコントロールして狙ってくるので、自分の打数が減らされていました。自分個人としては悪くなかったし、あとはチームですね」