2015.04.05

【女子バレー】NECが逆転V! 久光一強時代から新しい局面へ

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari
  • 坂本清●写真 photo by Sakamoto Kiyoshi

 古賀は「(高校時代)ずーっと日本一になりたくてなりたくて、でもなれなかったので、V(リーグ)に入って、こんなにすぐに日本一を取ることができたのは、本当にうれしいです。でも、この優勝は先輩方のこれまでの積み重ねがあってのものだと思うので、今度は自分が引っ張って、優勝を経験したい。ここで終わりでなく、もっと先の目標が見つかった思いです」と初めての日本一を噛みしめていた。「世界に向けては?」と記者会見後につかまえて、たずねると「前よりはちょっと見えてきました。頑張ります!」と、試合直後とは打って変わって、はつらつとした答えが返ってきた。

 山田監督は「(古賀を入れる前のスタメンである)白垣(里紗)も今までずっとチームを引っ張ってきてくれたし、替えどころというのは非常に悩みました。でも、白垣もまだ波のある選手でして、その波が出そうな予兆を自分が感じ取ったので、古賀の投入を決意しました。入れた時点では吉と出るか凶と出るかは賭けだったのですが、結果的には非常にはまったと思います。彼女はこれからの日本を背負っていく選手になる存在ですし、これから代表などで忙しくなるでしょう。それはこのクラスのいい選手にとっては宿命で避けられないことです。所属チームの監督としてはしっかりとまず身体を作ってあげて、故障のない選手にしてあげたいと思います」。

 先輩からも短期間で信頼を得ていた。「見ての通りほわんとした子なので、どんなトスが欲しい? と聞いても『どんなのでも大丈夫ですよー』と(笑)。いい意味でトスに合った打ち方を知ってる"打ち幅の広い"選手。コンビを合わせている日数は少ないんですけど、ちゃんと決めきってくれて、即戦力として活躍してくれたと思います」(秋山美幸主将)

 NECは助っ人外国人選手のイエリズ バシャをケガで欠き、日本人選手のみで戦った。MVPを受賞した近江あかりは「イエリズがいるときは、最後は頼るクセがあったのを、彼女のケガをきっかけにして、全員で得点するという意識が強くなった。それで上り調子でいけたのだと思います」と振り返る。